2013年04月17日

iPhone5S用バッテリー部品、6月以降に出荷開始よう

台湾紙「経済日報」は15日(現地時間)、米アップルの次世代iPhone(通称:iPhone5S)用のバッテリーモジュールを台湾SIMPLOと Dynapackが受注し、出荷は今年の第2四半期末(6月頃)から第3四半期(7月〜9月)におこなわれると報じています。

ifixit_iphone5_02-500x375.jpg報道によると、サムスンが2012年に「iPad」と「MacBook」用のバッテリーセルの供給を停止したため、アップルはバッテリーモジュールの調達元をSIMPLOとDynapackに移行させたとのこと。

SIMPLOとDynapackは2012年にiPadと「iPad mini」や「MacBook Pro」、「MacBook Air」用のバッテリーを受注しており、今回さらにiPhone5S用のバッテリーモジュールも受注したことになります。

アップルは次世代プロセッサ「A7」の製造を台湾TSMCに委託すると予測されていますが、脱サムスンの動きはバッテリーモジュールにも及んでいるようです。iPhone5Sは6月に発表され、7月〜8月に発売されると噂されていますが、もしバッテリーモジュールの出荷が6月から開始されるのなら、かなりタイトなスケジュールという印象を受けます。
posted by マジ~ at 16:46| Comment(0) | iPhone4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。